Loading...


ようこそ へ。

あなたとつくる移動タウン




Unsplashed background img 1


sentiment_satisfiedおひさま町って?



satellite「おひさま町」のご紹介



おひさま町では「子どもたち」が主役です。
小さな子どもや子どもゴコロを持ち続ける大人たち。
広い世界で、あなたにしか実現できないこと。
限りない世界をあなたにも知ってほしいから。
世界と日本の子どもたちが集まる場所です。



「おひさま町」への想い
詳しく
directions「おひさま町」の名所ご案内

図書館は本を寄付したり、子どもたちに本を
読み聞かせてあげたり。
美術館は、日本のことを思って贈ってくれた
世界中の子どもたちの絵。
震災などの災害を経験してもたくましい
子どもたちの絵。そして、
津波でアルバムを流されてしまった
東北のご家族と撮影した写真を
5000点以上展示しています。
商店街では地方の特産品のお買い物をしたり、
世界の珍しい食事をしたり。
あなたが望むなら、コンサートホールや劇場だって。
おひさま町祭では楽しいイベント盛りだくさん。


応援してくださる町民募集中
詳しく
public「おひさま町」はどこにでも



おひさま町は期間限定の
「あなたとつくる移動タウン」です。
1日限り、1週間など、
おひさま町の滞在時間・規模も自由自在。
あなたと世界を繋げる「おひさま町」。
あなたの街に気軽に呼んでください。


おひさま町は日本全国・世界中
どこへでも伺います

people_outlineおひさま町のお友だち



おひさま町イメージキャラクターは青い鳥と六大陸の子どもたち

六大陸の子どもたちは実在の人物をもとにつくられたキャラクターです。この子たちがこれから自由に世界中を飛び回ります。

青い鳥 ミユadd
通りがかりの第三者(ツッコミ役)close
国籍:不明

いつも毒舌まじりでツッコミをする、ちょっと辛口な意見を言う青い鳥

夢みる ダニーadd
夢見るハンサム妄想家close
国籍:スイス
住んでる場所:チューリッヒ

趣味は本を読むこと。
でも、本当は冒険が大好き。
読んだ本の主人公気分になっちゃう夢想家。

おしゃまな ヘヘスadd
3人姉妹の真ん中close
国籍:メキシコ
住んでる場所:オアハカ

しっかり者のお姉ちゃんと
お転婆な妹に挟まれ、
ちょっと気が小さいところがあるけど、
表向きは「男だから頑張る!」が口癖。

やさしい ヨシadd
弟と妹の3人兄弟の長男close
国籍:オーストラリア
住んでる場所:パース

小さい頃に交通事故にあってから車いすを使っている。
しっかり者で元気印のひょうきん者。
みんなの相談役でまとめ役。

おてんば モモadd
妹と2人姉妹の姉close
国籍:アメリカ
住んでる場所:マイアミ

木登りが大好きで、
ときには男の子と喧嘩をしてしまうこともある
楽天家のお転婆さん。
甘いものが大好き。

しっかり とおこadd
弟と2人姉弟の姉close
国籍:日本
住んでる場所:宮城県石巻市

無口だけど実はしっかり者の
知的キャラ。
ただし、ちょっと泣き虫。
面倒見が良い一面も。

やんちゃ デイビットadd
三人兄弟の真ん中close
国籍:ガーナ
住んでる場所:東京

サッカーと歌が大好きで、
常にケラケラ笑っているやんちゃ坊主。

そうだね、そうだよね

Unsplashed background img 2

person_add町民募集

「おひさま町」は共感してくださるみなさまの賛同と応援でどんどん広がります。
① 町づくりスタッフ:パン屋さん、建築士さんなど、一緒に町を創って下さる方。
② 町の土台づくり:おひさま町を開催する場所を一定期間、提供してくださる方
③ 町民(サポーター):応援して下さる方に年一回、東北や九州、世界の美味しいものなどをお届けします。

favoriteサポーター制度


おひさま町では町民(サポーター)を募集しております。

1口1,000円から
毎年3月に東北や九州、世界各地で出逢った美味しいものをお届けします。

宮城県亘理町 いちご生産者さん

宮城県七ヶ浜町 わかめ漁師さん

わかめ製造の様子

口数 お届け品 お届け例
1口 宮城県の復興応援・美味しいもの福袋(1,200円相当) 宮城県七ヶ浜町のわかめと海苔等
2口 九州の復興応援・美味しいもの福袋(2,500円相当) 阿蘇の高菜セット等
3口 東北と九州の美味しいもの福袋(4,000円相当)
4口 東北と九州の美味しいもの福袋(6,000円相当)
5口 東北と九州の美味しいもの福袋(8,000円相当)
6口 東北と九州の美味しいもの福袋(10,000円相当)
7口 東北と九州の美味しいもの福袋(12,000円相当)
8口 東北と九州の美味しいもの福袋(14,500円相当)
9口 東北と九州の美味しいもの福袋(17,000円相当)
10口 東北と九州の美味しいもの福袋(20,000円相当)

※お届け予定の時期やお品は状況により変更になる場合がございます。予めご了承ください。

そばにいてもいいかな

Unsplashed background img 2

mode_commentごあいさつ


私たちHearth(ハース)は「志で世界をつなぐ」をモットーとし、 多様な人がともに生きる社会の実現をめざしています。
私が40歳の時に家も仕事も引き払い、夫と一緒に夫婦で世界一周したとき、
遠い日本から来た、見ず知らずの私たち夫婦を世界中の人が助けてくれました。
どこの国でも、どの街でも。
人を想う気持ちに肌の色、年齢、言語、
国境は関係ありません。
東日本大震災後、この想いはさらに強くなりました。
「イキイキと楽しそうに動いている子どもの姿を見ると、未来を感じる。」
これはワールドハート・宮城キャラバンで
子どもたちが主役の「ちびっこメキシコ料理レストラン」を実施したとき、
石巻に住む友人のお母さまの言葉です。
私は、「世界中に友達ができれば戦争はなくなる」
と本気で信じています。
なぜなら、自分の友だちがいる国とケンカをしてほしくない
とみんな思うはずだから。
 一般社団法人Hearth代表理事

横畠 文美

  • filter_dramaおひさま町への想い

    「おひさま町をつくる」

    2011年4月1日、ハースは「志で世界を繋ぐ」をテーマとして誕生しました。
    そこには、

    「肌の色、言語、国境など関係ない。人を想う気持ちは世界各国共通」

    との想いが根底にあります。

    私たち夫婦は1999年、サンディエゴに語学留学したときに世界中に友達ができました。
    そして、2008年。「今、死んで後悔することは何だろう。」と考え、
      出た答えは「サンディエゴで出逢った世界中の友人にもう一度会いたい」ということでした。
    それも、私たちが元気なうちに、友人達も元気で親の介護が必要ないうちに、
    もう一度、世界の友人に会いたいと想い夫婦で世界一周し、更に世界中に友達が増えました。

    そこで強く実感したことが、「肌の色、言語、国境など関係ない。人を想う気持ちは世界各国共通」ということでした。

    2011年3月11日。
    東北で起こった東日本大震災。
    世界中の友人が日本を想い、各国で学校プロジェクトにして
    「日本とは、津波とは、地震とは」と授業で学んだ上で、
    世界の子どもたちが日本へのエールを絵画にして贈ってくれました。

    やはり、「肌の色、言語、国境など関係ない。」
    「人を想う気持ちは世界各国共通」との想いは更に強くなりました。

    そこから「東北と世界を繋ぐ」ワールドハートを発足させ、宮城県を中心にキャラバンを実施。
    アメリカ・サンディエゴやマレーシアなどの海外キャラバンも行い、
    現在では100回を超えて今も活動を続けています。


    これらの活動を通じて、様々な方と出逢い、子どもたちと触れ合う機会を得たことで見えてきたことがあります。

    「今の日本、ちょっとおかしい。」「何かが変になっている。」

    「『人と違う』ことで偏見やいじめ、差別が起こる世の中はおかしいのではないか。」
    「がんばっている人が鬱になる世の中(日本)、変なんじゃないか。」
    「年間3万人以上が自殺する日本、おかしい。」
    生きにくい世の中(日本)になっているのではないか。

    もともと国境など地球には存在しなかった。縄文時代には、国境などなかった。
    それらは全て人間が創ったもの。

    人間が創ったものであるなら、もう一度、元にもどせるのではないか。
    本来ある姿に戻せばいいのではないか。

    肌の色・言語・国境など関係ない。人を想う気持ちは世界各国共通。

    人は憎しみ合い殺しあうために生きているのではなく、応援し合い、助け合って生きていくもの。

    友達がいる国に災害が起これば、その友人の顔が真っ先に浮かぶ。

    友人の家族のことが心配になる。

    友人がいる国とは戦争をしてほしくない。
    友人や家族を傷つけ殺すことはしてほしくない。

    子どもの時に世界中に友達ができたら、世界から戦争はなくなる。

    世界中に家族ができたら、活躍できる場、可能性は無限大。

    これを私は本気で信じています。

    人は応援し合い、助け合って生きていくもの。

    これを体感していただきたくて、
    この世界を実感していただきたくて、
    私たちは町をつくることにしました。

    「おひさま町」

    ここでは子どもたち、子どもの心を持った大人達が未来を見ながら、応援し合い助け合って生きていく。

    いつもおひさまが未来への明かりを照らし、暖かい日差しが降り注ぎますように、との願いを込めて。


people_outlineメンバー紹介




僕が僕らしく、
あなたがあなたらしく
そんな世界を
創っていきたいです。


一般社団法人Hearth理事
株式会社ココペリインキュベート代表
KNAIN Inc. 代表
株式会社情報センター出版局 取締役

近藤 繁